主流だったオフセット印刷にオンデマンド印刷が加わり小ロットでのフライヤー印刷の注文がしやすくなった

PRINT

適した用紙を使おう

フライヤー印刷は厚みのある用紙を使って印刷することが多いですが、用紙そのものの種類にもこだわると仕上がりが抜群に良くなります。コート紙を良く使いますが、他の特殊紙も目的に合わせて使うと表現の幅が広がります。

詳しく見る

フライヤー作成について

フライヤー

フライヤーを印刷する方法と用紙の種類

フライヤー印刷の方法は、オフセット印刷が主流です。平版印刷に属し、始めに版を作って印刷します。大量にフライヤーを刷りたい場合はコストパフォーマンスに優れた方法となり、反対に少量の場合はメリットを教授できなくなります。油性インクを使用するため、鮮明なカラー印刷が可能です。近年は、オンデマンド印刷機を使用したオンデマンド印刷もポピュラーになってきました。版を作らず、コンピューターから転送したデータを基にして印刷が可能なため、小ロットの注文でもコストパフォーマンスは良いです。また、デザイン情報をデータベースから送り、1枚1枚異なる内容を印刷することも可能です。顧客一人一人に合わせて内容を細かく変えて印刷できるので、DMなどに適します。以前よりも画質が向上しているため、今後は最もメジャーなフライヤー印刷方法となるかもしれません。フライヤー印刷方法は以上の2択が一般的ですが、紙は色々と選べます。鮮やかな画像を載せたい場合に人気なのが、インクの発色性や色の再現性に長けたコート紙です。上質紙をベースに使い、塗料で表面をコーティングしてあります。もっと高級感を求める人に人気なのは、キャストコート紙です。コート紙を上回る光沢感が得られます。反対に光沢感を抑えたマットコート紙もあり、こちらは落ち着いた高級感を表現できます。ただし、インクが乾きにくいため大ロットのフライヤー印刷には不向きです。この他、書籍の表紙に使われるアラベールや耐水性の高いユポ紙、環境への配慮をアピールできる再生紙などがあります。用途に合わせて選ぶと良いです。

フライヤー

印刷物による宣伝の魅力

フライヤー印刷による宣伝は、メリットが多数あり、使い方を間違えなければ、売上アップに貢献してくれることでしょう。見て貰いやすいことや宣伝費用を安く済ませることができること、そしてすぐに宣伝できることがメリットです。

詳しく見る

印刷機

印刷物を利用した宣伝

チラシとフライヤーは似たようなものですが、厳密に言うと違うもので、小さいものや厚いものがフライヤーになります。フライヤー印刷の利用が始めてでどんな印刷物にしたらいいのか分からない場合は、デザインまでしてくれる会社がおすすめです。

詳しく見る

カラーチャート

オンデマンド印刷が人気

フライヤー印刷で主流のオフセット印刷は小ロット注文には不向きですが、オンデマンド印刷は向きます。小ロットでも安く済ませたいという場合に適した印刷方法です。ネットで気軽に注文できるので、広く使われています。

詳しく見る

カートリッジ

便利な注文を活用する

フライヤー印刷はインターネット経由で注文できますので、コストを抑えることができて人気があります。チラシ印刷をする際には、コストパフォーマンスを考えてどのような印刷をしたらよいかをよく考えるのが大切です。

詳しく見る

Copyright© 2019 主流だったオフセット印刷にオンデマンド印刷が加わり小ロットでのフライヤー印刷の注文がしやすくなった All Rights Reserved.