主流だったオフセット印刷にオンデマンド印刷が加わり小ロットでのフライヤー印刷の注文がしやすくなった

オンデマンド印刷が人気

カラーチャート

小ロット注文に適している

フライヤー印刷には長年オフセット印刷が選ばれてきましたが、レーザープリンターの発達により、オンデマンド印刷が台頭してきました。オンデマンド印刷はデータが入稿されればそのまま印刷に入れるので、版を作る必要がありません。工程がオフセット印刷より少なく、インクではなく乾燥時間の要らないトナーによる印刷なので早く仕上がります。小ロットで注文してもお得、さらに即日納品も可能、といった点が特徴です。10枚以下の注文に対応している印刷会社も珍しくなく、個人商店や小さな団体、個人で少量のフライヤーを配りたいときも安心です。それでも、トナーならではのデメリットもあるため注意が必要です。まずフライヤーを折ったり擦ったりすると、トナーは剥がれてしまう可能性があります。2つ折や3つ折にして配る場合で絵柄が剥がれてしまうのが心配であれば、オフセット印刷を選ぶと良いです。また、トナーはグラデーションや細かい線などをしっかりと表現することも不得意です。写真やイラストを原画のまま、もしくはより美しくフライヤー印刷したい場合もオフセット印刷が適します。しかし、写真集にするほどの品質を求めているのでなければ、オンデマンドによるフライヤー印刷でも十分です。デザインさえ決まっていれば、印刷会社のサイトでデータ入稿するだけでフライヤーが届きます。印刷会社と何度も打ち合わせする必要がなく、そればかりか顔を合わせることもなくフライヤー印刷を依頼できます。ある程度の仕上がりは望むが納期は短いほうが良い、小ロット注文でも安く仕上げたいという場合はオンデマンド印刷が適当です。

Copyright© 2019 主流だったオフセット印刷にオンデマンド印刷が加わり小ロットでのフライヤー印刷の注文がしやすくなった All Rights Reserved.