主流だったオフセット印刷にオンデマンド印刷が加わり小ロットでのフライヤー印刷の注文がしやすくなった

適した用紙を使おう

PRINT

用紙の種類

フライヤー印刷のときに使う用紙もいろいろありますが、印刷する目的に合わせて選んで使いこなしましょう。通常のチラシよりも厚めの用紙を使うことが多いですが、厚さ自体は名前ではなくてkgで判別します。kg数が重いほど厚い紙となっていますので、サンプルがあれば取り寄せてみて厚さの確認をしておきましょう。同じkg数でも紙の種類が違えば厚みは違います。フライヤー印刷でよく利用されている用紙の一つにコート紙があります。用紙そのものをコーティング加工しているのですが、加減によってツヤが出て綺麗です。発色も美しく出ますから、フライヤー印刷にもぴったりの用紙として多く利用されています。似たような名前でマットコート紙がありますが、コート紙だけだとツヤがあるタイプですが、マットの名が付くこちらは逆にツヤをなくしているので、同じように見えて印象がどことなく変わってきますから、見比べてみると面白いです。やや色が沈んだような印象で見えてしまうので、やや暗めのトーンで作るときはこちらの用紙を使った方が雰囲気も合うでしょう。印刷業界で定番の上質紙もフライヤー印刷に利用されますが、コート加工されていないこともあり、文字だけの印刷にするときなら十分ですが、ややにじみが出てしまうことがあるのが難点です。他にも料金は上がるものの、様々な特殊紙を使うと印象を変えることもできますので、用途に合わせていろんな用紙を試してみましょう。

Copyright© 2019 主流だったオフセット印刷にオンデマンド印刷が加わり小ロットでのフライヤー印刷の注文がしやすくなった All Rights Reserved.